ヤン・ステーン

ヤン・ステーン(Jan Steen)

1670_Jan_Havicksz._Steen_-_zelfportret

  • ユーモアと風刺をこめて農民や小市民のにぎやかな日常生活を描いた風俗画で知られています。

Biography
  • 1626年 オランダのライデンで醸造業と宿屋を営む家に生まれる。
  • 1648年 ハブリエル・メツーと共に、ライデンに聖ルカ組合を結成する。
  • 1649年 師である風景画家ヤン・ファン・ホイエンの娘と結婚。
  • ハーグに一時滞在した後、デルフトで画家と醸造業を生業とする。その後さらに各地を転々とし、ライデンに戻っている。
  • 1679年 ライデンで死去。
代表作
  • 『宿屋の外で九柱戯をする人々』(1652年 ナショナル・ギャラリー、ロンドン)
  • 『のん気物夫婦』(1660年 エルミタージュ美術館、サンクト・ペテルブルク)
  • 『乱れた家族(逆さまの世界)』(1663年 ウィーン美術史美術館、ウィーン)
  • 『老いが歌えば、若きは笛吹く』(1663-1665年 マウリッツハイス美術館、デン・ハーグ)
  • 『聖ニコラウスの祝日』(1663-1665年 アムステルダム国立美術館、アムステルダム)
  • 『恋煩い』(1665-1657年 アルテ・ピナコテーク、ミュンヘン)

関連記事

翻訳 Translation

ページ上部へ戻る